高橋顕児

 

■略歴
自然の情景から漂う生命力を描き続け、現在は『自然の息吹』シリーズを描く。絵に対する情熱は小学生の頃から始まり、自然の美しさに対する想いは現在も続き、対象物と語り合い制作している。大学時代は人体を描くことに熱中、その後、風景の写実を探求し、そして原点である自然そのものに向き合う。田園風景などの遠景から、自分の立つ位置近くを描く視線になり、悠久なる自然を色彩を通して表現することにこだわっている。現在は抽象的表現である。

  • 1975年 京都市立芸術大学
    美術学部西洋画科卒業
    以後約3年ごとに個展を開き
    作品を発表

  • 1990年から帆の会展
    (同期5人展)を毎年開催

  • 1991年 上野の森大賞展入選

  • 1992年 上野の森大賞展入選

© 2012-2019 by GOMA Gallery ExaART  created with Exahills

1st floor Iseda Building 2-3-21 Nishitenma Kitaku Osaka city, Japan

  • GOMA  Gallery-exaart

mail to:super@gallery-exaart.com

phone to:090-8480-8117​

美術品商

大阪府公安委員会

第621020170343