絵はどこで見ますか? 美術館ですか?


そう、美術館の観客動員数が一番多いのは日本だそうです。
日本では有名な画家の絵画を美術館に観に行くのが一般的で、絵を購入して自分の部屋に飾ったり、集めたりするのはお金持ちのする事だと考えられているように思います。実際、日本で本物の絵画を観ることが出来るのは病院、医院、公共の建物で、個人宅ではあまり見かけません。ヨーロッパや北米では、いたるところで絵の鑑賞が出来ます。教科書に載っているような絵がポツンと無造作に美術館の小さな部屋に展示されていたりします。私の海外の友人宅にも部屋ごとにテーマを変えた絵画がたくさん飾られており作品数も当ギャラリーよりも多いくらいです。このように海外では個人宅での絵画展示は普通で、皆さんも海外ドラマでは良く見かけると思います。日本でも最近では、ちょっとおしゃれなカフェ等で壁いっぱいにいわゆるインテリアアートが飾られるようになってきました。
が、もっと身近で本物の絵画を観ることができる場所があります。それも無料で。ギャラリーや画廊です。ギャラリーや画廊にも運営の種類があり、展示専門や販売専門、あるいはその両方を行っているところがあります。販売画廊を除いては殆どが1週間単位で展示内容が変わりますので毎週同じ場所に行っても違う作品を観ることが可能で、最低でも20点くらいは展示されています。画廊やギャラリーは敷居が高く、入れば購入を勧められるのではないかと考えたり、いろんな心配をしますがそんな心配はありません。逆に、絵画に対しての色んな知識が得られたり、作家さんとコミュニケーションする事も出来る場合もあります。お茶やお菓子を出してくれるところもあります。思い切って覗いて観てはどうでしょうか?不安でしたらインターネットで下調べをしてもいいでしょう。
作家さんはひとりでも多くの人に観てもらいたいと思っています。

© 2012-2019 by GOMA Gallery ExaART  created with Exahills

1st floor Iseda Building 2-3-21 Nishitenma Kitaku Osaka city, Japan

  • GOMA  Gallery-exaart

mail to:super@gallery-exaart.com

phone to:090-8480-8117​

美術品商

大阪府公安委員会

第621020170343